HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  JYJ "終わりではなく、本当のスタートでありたい" (一問一答)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ "終わりではなく、本当のスタートでありたい" (一問一答)

"また他の壁を越えなければ…お金・人気追わない"

記事入力2013.04.05 08:40

[イーデイリースターin チョ・ヨウン記者]

"3年前この舞台(東京ドーム)に立ったとき、意味は "再起動" だった。しかし当時の日本で "エンディングステージ" になるとは夢にも思いませんでした。今回の公演は終わりではなく、本当に "スタート" の意味になったら良いですね。"

日本の東京ドームに帰還したグループJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)がこのように願った。前所属事務所SMエンターテイメントとの対立以降、2010年にエイベックスの一方的な契約解除で 3年間日本での活動が実施できなかった彼らである。そして約1000日後、JYJはSMエンターテイメントと長い法的攻防のすえ、昨年11月に最終合意した。彼らは日本のエージェンシー・エイベックス側との訴訟でも今年1月18日に勝訴した。

JYJは "日本の心臓" とも言える東京ドームに戻り、健在を知らせた。 4月2日から4日まで3日間、3回にわたって行われたコンサート "The Return of the JYJ" がそれである。 JYJの人気は変わらなかった。瞬く間に15万人を集めた。前売りチケットの事前申込者は30万人に達した。変わったのは時間だけだった。

JYJは4日の最終公演を控えて取材陣と会い
"法的な問題が解決されたとして、他の障壁がないわけではありません。もっと(目に見えない外部圧力が)ひどくなることもある、という考えもします" と淡々としていた。
JYJは "いつもそうですがお互いに信じながら切り抜けていく。たくさんお金を稼ぎ人気を得る者ではなく、できることを長く一生懸命にやるのが目標です" と意志を固めた。

次はJYJとの一問一答だ。

- 感慨もひとしおだったようだ

▲実は3年前に立った時も意味が格別だったステージでしたが、再び立っている今はそれ以上に意味深い瞬間です。思ったよりも再びステージに立つまで時間がかかりました。今日のこのステージを未練なく仕上げられるように頑張ります。(ジュンス)

▲実際、とても心配でした。とても久しぶりなのに3回の公演で客席がす​​べて満席になるだろうか。時間の他に変わったことはありませんでした。多くの方が最後まで僕たちを信じて下さったんだと気づかせてくれてありがとう。(ジェジュン)

▲JYJで再スタートの、この東京ドームのステージを終えた後、スタッフたちが一堂に集まって泣いたことがあります。こんな ふうに再び立てるようになって嬉しい。僕なりに一生懸命走ってきました。『待つ』という時間の中で会えて、さらに嬉しい。笑顔でファンに会う事ができて良かったし、そんな僕たちを暖かく迎えてくれるファンがいて感謝しています。(ユチョン)

- 活動再開まで言えないもどかしさがあったはずだ

▲初めてこのステージ(東京ドーム)に立ったときの意味は "スタート" でした。 JYJとして再スタートしてみよう。実際、それが日本での"エンディングステージ" になるとは夢にも思いませんでした。韓国人だけど日本は第2の故郷のような所です。歌手活動の半分以上を日本で行いました。そのような場所で、公演も放送も、何もできないというのがとても苦しかった。韓国に次いで日本活動まで遮断されてしまった。ですがある意味、人間的にもアーティストとしても成長したきっかけになりました。小さなことに感謝しました。今やラジオで声だけが出ても嬉しい。今回の公演が終わりではなく、実際に "スタート" の意味になったら良いですね。

- 3年前と今日のステージの相違点は

▲4年間日本でアルバムを発表しなかったため、日本語曲がずいぶん減りました。過去には全て日本語で歌ったが、今回は韓国語の曲と英語の曲も多い。また、ファンが知っている曲よりも新曲中心の新しいステージが多い。僕たちではなく、時間が流れて歳をとり、客席にいる方々にも結婚して子供ができた方もいるようです。(笑)

- 空白期に関わらない人気の秘訣は

▲僕たちも不思議です。長いと言えば長く、短いと言えば短い時間だけど確信できない未来をただ待っていてくれて信じてくれた。家族や友達にもむやみに与えることができない時間を、遠く離れている僕たちなんかに…本当に感謝しています。僕たちも信じてこの瞬間を待っていました。お互い(JYJとファン)の心が通じ合って、今この場にいることができたと思います。

- 今年12月、歌手デビュー10周年だ

▲もうそんなですか?いつのまにか30代が見えるようになりました。正直、今、話を聞いて気づきました。 10周年になるというのが信じられません。あまりにも多くのことがありましたが、その分早く過ぎたようです。笑うことも多く、辛いことも多かった。誰よりも貴重な経験をしました。常に元気でいるようにする。体力は男の命です。(笑)

- "レイニーブルー(Rainy Blue)" が選曲された。過去の五人のメンバーが歌った歌なのに

▲(初めてJYJとして) "5人が歌った時の曲は僕たち3人は歌わない" と話したことがあります。今回の東京ドームのステージは特別です。当時の記憶と思い出を振り返ってみるという意味で選びました。過去の回想、僕たちの大切な思い出が込められた曲です。

- 最も大変だったり、幸せだった瞬間は

▲大変というより、常に感謝するようになりました。ただ放送を通じてファンたちに会うことができないということが残念です。昔も今も同じです。その部分は早く改善されてほしいです。その時がいつ来るか分かりませんが、一生懸命がんばっていくつもりです。(ジェジュン)

▲多くのことは望みません。ゆっくりゆっくり、少し時間がかかってもこの仕事をできるだけ長く続けたいと思う。したいことは多いけど制約があってできない部分は残念です。与えられた事に最善を尽くす。 JYJとして、たくさんお金を稼いで人気を得るのではなく、できる仕事を一生懸命やるのが目標です。(ユチョン)

▲空白期間が長かっただけあって、多くの方から忘れられることもありました。またファンとお互いの信頼を確認するきっかけを作ってくれた所属事務所の家族たちと代表にも感謝します。

- 今後の活動計画は

▲今年の夏にJYJのアルバム発売を目標にしています。韓国でコンサートも開く計画です。まだこれについては引き続き議論中なので確答できませんが、すぐに良い姿をお見せします。

- 必ず望むところがあれば

▲今回の東京ドームコンサートが日本で本格的な活動を再開できるきっかけになったら良いですね。法的な問題が解決されたとして、様々な障壁が無いとはいえません。 (外部圧力が)もっとひどくなる可能性もあると考えられます。お互いに信じて乗り越えていく。すべての物事が思い通りには進みませんでした。小さなことでも与えられたら一生懸命やっていくつもりです。

イーデイリー スターin チョ・ウヨン記者 fact @
<ⓒエンターテイメントポータル - イーデイリースターin>


http://m.edaily.co.kr/news/newsread.asp?NDiv=SPN&newsid=01108646602773168

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。