HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  XIA(ジュンス)のMelonの記事を訳しました。(記事内から元記事の映像へリンク出来ます)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XIA(ジュンス)のMelonの記事を訳しました。(記事内から元記事の映像へリンク出来ます)

八色鳥の魅力 XIA(ジュンス)
生中継 ショーケース
独占公開!

ls_130716_00-1.jpg


ライブ セッションXIA (ジュンス) 'ショーケース現場'編 全曲を鑑賞することができます。

最高のボーカリストであり、少女ならば一回ぐらいはときめいてみたことのあるほど素敵なXIA (ジュンス)。 彼の時代、私たちが愛した彼は今でも多くの女性たちの心をときめくようにする最高のアーティストだ。 歳月が過ぎれば、山河も変わって行くが、彼の人気だけはその風が櫛で梳いて通り抜けたように変わることがない。 そして今年の夏、彼のなお一層成長した感性、自分だけのスタイルと共に新しいアルバム'Incredible'で帰ってきたという、うれしい便りが聞こえてきた。 2013年7月15日ユニクロ アクスホールではXIA (ジュンス)の2集アルバムを初めてライブで見る事ができるショーケースが開かれ、数多くのファンたちは彼を見るためにこの会場に集まった。 雨が降ったり止んだりした良くない天気であっても彼のファンたちを邪魔するには力不足だった。 彼の新しいアルバムのジャケット写真で着ている赤、青、黄色、緑色とりどりの色のように彼だけの多様な色を感じることができたXIA (ジュンス) 2集ショーケース現場。 その現場で私たちメロン記者団も抜けられなかった。 そしてその現場で私たちはXIA (ジュンス)色に描かれた舞台を見て、取材記者団としてでなく彼にときめく.. 三人の女になっていた。

メロン記者団4期-チェ・ジユン、ハ・スジョン、ホンソ号


Album | XIA (ジュンス)正規アルバム[INCREDIBLE]

タイトル'Incredible'は夏とよく似合うふわふわと浮かれるパワフルなダンス曲で、ある女性の美しさに対し表現したXIA (ジュンス)の愉快な歌詞と会い熱情的なエネルギーを発散する。 XIA (ジュンス)は今回も米国最高の振付け師ジェリー・スロータと出会い、今年の夏全世界をひきつける独創的でパワフルな振りつけをプレゼントする予定だ。 米国のマリブーの邸宅で撮影したミュージックビデオはビンテージとファンタジーが共存する風変わりで素敵な映像で中毒性のあるカラーがヒップホップ リズムとよりなじんで、ある夏の華やかなパーティーに招いてすっきりした清涼感をプレゼントする予定だ。

□No Reason (映像)
Video | XIA (ジュンス)挨拶の言葉
Video|XIA(ジュンス)ショーケース



★PCの方はこちらから↑
http://www.melon.com/cds/musicstory/web/musicstory_list.htm?CATEGORY_SINGLE_ID=13&MESSAGE_ID=8004772&MAIN=MAIN_TODAY_TD_2
★スマホの方はこちらから↑
http://m.melon.com/cds/musicstory/mobile2/musicstory_view.htm?CAT_ID=14&STORY_ID=1150

XIA Red|タランタレグラ
ls_130716_01-2.jpg

情熱と強烈さの象徴、赤色(RED)。 毎回XIA (ジュンス)の公演現場では真っ赤なペンライトで観客席を染める数多くのファンたちがいた。 今日XIA 2集ショーケースでも彼のファンたちは真っ赤な光で公演会場を染めてくれた。 ファンたちが照らす真っ赤な光で染めたXIAショーケース現場、私たちはそこでファンたちの赤色の他にもXIA (ジュンス),彼の舞台で感じられる情熱と強烈さで、彼の赤色を探してみることができた。


ls_130716_02.jpg


今回のショーケースのXIA (ジュンス)の情熱あふれる強烈な舞台、'Tarantallegra'。 彼の1集アルバムのタイトル曲、'Tarantallgera'は強烈なビートと弦楽器が調和を作り出すセンセーションな ダンス曲だ。 舞台上の熱情的な彼の姿と強烈なビートを通じて私たちはXIA (ジュンス)彼の赤色を探してみることができた。 昨年年末コンサートでアコースティック バージョンをリリースして話題になったこの曲、'Tarantallegra'。 ゴングのビートとともにショーケースに現れたXIA (ジュンス)の'Tarantallegra'。 彼の強烈さの中に引き付けれて行くようだった。

1集アルバムで情熱と強烈さを表現した'Tarantallegra'と'Fever','Breath'などの曲らがあるならば、2集には'Turn It Up'がある。 "Baby Turn It upさらに熱く~ Baby Turn It Upさらに強烈に~"歌詞から感じられる強烈さだ。 その歌を歌って舞台を初公開するXIA (ジュンス)の姿を想像すればすでに期待されるものだ。 いつか一度でも舞台を見ながら彼の強烈さをもう一度さらに感じたい。 その時は彼の強烈さから抜け出すことができないだろう..

XIA Blue| ごめん
ls_130716_06.jpg


'Incredible'と共にダブル タイトル曲である'ごめん'。 歌うXIA (ジュンス)に実際歌えないジャンルはないけれど、XIA (ジュンス)はやはりバラードが一番だと言わせる事実を今一度悟るようにした曲だ。 光栄にもショーケースでこれまたライブで聞くことができたが、歌う間終始、肌を突き抜けて上がってきそうに鳥肌が立ったせいで、エアコンが消えてしまった公演会場だったが私はがたがた震えなければならなかった。 こうなるかと思って長袖を着て行ったのに効果がなかった。 'ごめん'という曲は白い画用紙に青色の絵の具がじわじわ広がって行くように、歌声以外の音を鎮める力を持っていた。 すぐにでも泣きそうな眼差しと声で歌われた'ごめん'を聞く時はさらに近くでこの曲を聞きたい気持ちに、私のからだはすでに舞台前面に精一杯向かっていた。

その青色の絵の具の出処がすぐに今回の正規2集収録曲である'Rainy Eyes'ではないか.. そっと予想してみる。 青い涙がぽたぽた落ちそうなこの歌はいつかライブで必ず一度は聞いてみたいほどだ。 悲しい曲にもかかわらず、このような歌を歌ってくれてありがとう、と呟きながら微笑みをおさえられなかったその曲。 曲一つ一つを聞いて見たらどんな境地に立っても絶えずあらゆる物を注ぎ込むXIA (ジュンス)が見えるというだろうか?

XIA Yellow | Incredible

ls_130716_04.jpg

思い通りに楽しむことができる"兄さん"の帰還! XIA (ジュンス)の今回の2集タイトル曲'Incredible'は歌詞そのままに奇跡のメロディを余すところなく含んでいる。 私もジュンス兄さんを本当に好きなんですが(はにかみ)。 遊ぶ時は熱く遊ぶカッコいい兄さんXIA (ジュンス)の自由奔放な姿がミュージックビデオの中でも生き生きと表現されている。 ショーケースで公開された'Incredible'のライブ舞台ももっと炸裂しそうな魔法のようにファンたちの心を魅了させた。

そしてミュージックビデオの中のキスシーンによって、ファンたちが'キスシーン!'と言葉を連呼して反応を期待していると、すぐに"ビジネスだ","アメリカン マインド"のような機転が利く言葉で返事を返した巧みな話術! 本当にXIA (ジュンス)、あなたに足りないものは何ですか? それぞれビジネス マインドでショーケースに参加した私まで即座にファンにしてしまうのに十分すぎるくらい素敵だった。 XIA (ジュンス)最高な一番!

ls_130716_05.jpg

今回のタイトル曲'Incredible'は言葉どおりプールでパーティーを楽しみながら、さわやかな夏の日を送ることができる清涼感いっぱいな曲だ。 また、タイトル曲の他にも多様なジャンルに挑戦した曲が多いのでXIA (ジュンス)のファンでも、ファンでなくても夏を美しく、情熱的に送るためには今回の正規2集のすべての曲を全部聞かなければならない。 そして口ずさんでみよう。 いつのまにかいつの間にか近づいた蒸し暑さをふき飛ばして送ることができる絶好の機会だから!

XIA Green | 11時 そのいい加減さ
ls_130716_06_20130718145034.jpg


音楽のボリュームが少しだけ大きくなっても、風の微かな動きに垂れ幕が揺れても、1年の間離れていたファン達をすべて呼び集めて、きゃっきゃっと騒いでいたファンたちはXIA (ジュンス)がマイクをとらえて歌の最初の歌詞をポンと放つとすぐに、まるで約束でもしたように一瞬に公演会場を息が詰まるような静寂に包まれるようにした。 これがジュンス効果なのか、そうでいたかった。 その沈黙のおかげでXIA (ジュンス)が伝えようと思った歌の中で、その感性は観客にものしっとりと伝えられることができた。

そのように彼が歌い始めた曲はすでに先行公開されてファンたちの耳に耳慣れたメロディー、'11時そのいい加減さ'だった。 白いカーテンの間でピアノ伴奏に合わせて流れるその曲は録音がまるで密生した木がいっぱいに育った森の真ん中で曲を聞くような錯覚を起こすようだった。 人に安定感を与えるという緑色はジュンスに出会ってすがすがしいながらも荒涼だったし、また悲しかった。 長い長い夜をまんじりともしないで夜が明けるまで送って、カーテンの隙間から射す光が熱く煩わしいようにそのように彼は歌った。

今回の正規アルバムにXIA (ジュンス)だけの緑色が入れられた曲、'行かないで'。 緑色のビンに入れてある炭酸水の清涼さのようにジュンスの声が抑制された感性で泣き叫びたくなるような曲と出会った時あえてその最上の組合せといえる曲。 '11時そのいい加減さ'と共に何気なく聴いてXIA (ジュンス)の緑色がより一層深まる。 曲のリストを整理する時必ず'11時そのいい加減さ'の次にこの曲を聞くようにして見よう。 誰がなんと言っても私はそのように聞かなければならない。 "行かないで、行かないで~"と叫ぶが.. 心配しないで下さい、私たちはどこへも行かない!

XIA Interview | XIA (ジュンス)インタビュー

ls_130716_07.jpg


Q簡単な紹介お願いします。
Aこんにちは正規2集アルバムでごあいさつするシアです。 今回の2集'Incredible'はヒップホップが加味されたポップで夏シーズンによく合う楽しい曲です。 その他にも多様なジャンルでごあいさつすることになりました。

Q去る2日'11時その適当で'が先行公開されたんですけれど、アルバム収録曲中この曲を先行公開することになった理由は何ですか?

A今回のアルバムで私が多様なスタイルの音楽を入れたのは、この曲で代表的にお見せすることができそうでした。 アコースティックなバラードなので歌詞が視点の違いで懐かしさがますます大きくなる話なのでボーカルが持つ色々な感じ方を差し上げることが出来るのでこの曲を選びました。

QLOEN TVを通じて公開されたスペシャル クリップで現場の音をそのまま生かしたワンテーク ライブ方式が非常に印象深かったんですけれど、その理由は何ですか?

Aバラード曲でありボーカルの力が感じられる曲なので風変わりな試みをしてみたかったです。 そして曲のピアノ伴奏を利用して反転を与えてもう少し劇的な感じを与えようと考えたんです。 1節はまだ離別を受け入れることができなくて実感が出来ない状況で、2節からはもう彼女がいないということを悟って懐かしがって表現する感じなので、ライブで歌を歌ってピアノ伴奏が出てきながらクライマックスに駆け上がるそのような感じを与えようと思いました。 西海の明け方の風景がとても美しかったです!

Q今回のアルバムで本人が直接作曲、作詞した曲にはどんな物があるんですか? 簡単に紹介お願いします。

Aまず'Incredible'の歌詞を私が書きましたが。 歌があまりにも楽しくなってエネルギーあふれるから夏シーズンに思い出すような絵を歌詞に入れました。 太陽、海、パーティー、その中で初雪に魅了された相手に会ったことでしょう。 彼女の魅力を歌詞で表現したんですよ。

'Turn It Up'また、私が作詞参加をしたが、うちの兄ジュノと作業したんですよ。 これもまた楽しいパーティー、クラブで踊るようにしたくなる歌詞を付けようと考えたんですね。 '私今告白する'という曲は、曲を書いて、歌詞を書いて、録音まで一度に進めた曲です。 曲を作りながら何かやり取りする感じの曲を作れば良いと考えて歌詞を男の告白そして女のラブにつながって書いたんですよ。 友人に告白する内気な男の姿をそのまま入れて、これから始まる恋人たちのときめく感じそのままを曲で伝達しようと思いました。

'Rainy Eyes'は私がピアノで弾いた曲をそのまま感じながら小さい小劇場の舞台で歌を歌う自分のことそのままの感じを伝達しようと思ったんです。 この曲は歌を歌いながらメロディ ラインを作った曲です。

'この歌笑わせるだろう'という曲は私がサウンドを聞くやいなやこの歌笑わせるだろうという内容で曲を書かなければならないと考えたんですね。 私がソロ アルバムを作りながら持っていた哀歓をそのまま歌詞に入れようと思いました。 本当に歌詞のように楽しくておもしろくずっと笑いながら作業した気持ち良い曲です。

Q今回の2集アルバム収録曲中のタイトル曲の他に最も愛着がある曲はどんな曲でしょうか?

A本当にすべての曲がみんな大切な曲で一曲一曲全部意味がある曲です。 ダブル タイトル曲でもある'ごめん'はバラードでジュンスマークのバラード ダウン ドラマチックな構造になった曲で録音する時も本当に感じが良く生き生きとしていてこの曲を2番目に選びたいです。 最も愛着がある曲は'この歌笑わせるだろう'もあるので、実際初めには行きすぎかな?と思うほど迷うようになる部分があったが私の感じのままに曲が完成されながら今は自負心を感じる曲になりました。

Q今回新しくソロ アルバムを出されてタイを始め国内のコンサートも準備されると聞きました。 昨年年末"XIA Balad & Musical Concert"というコンセプトで3日間全席売り切れを記録しましたが、今回のコンサート コンセプトも早く知らせてくれますか?

Aまだコンセプトをお知らせすることはできません。 昨年ソロ ワールド ツアーの時よりもう少し多様な舞台を作り上げられるのではないかと思います。 曲の多様性があるアルバムであるためです。 そして1集アルバムから何曲か今回の公演にも一緒に歌う予定です。 すでにファンたちに会うことが出来ることにときめきます。

Q音楽に対する情熱の他にもサッカーに対する情熱もあふれてると聞いています。 普段個人的な時間や休みの期間に何をしながら送りますか? 新しい趣味があったのですか?

Aはい、私はサッカーを主にやります。 サッカーをすれば気持ちも澄んで気持ち良くエネルギーを発散するので体力にもいいので良い趣味のようです。 新しい趣味はまだ作ることができませんでした。 本当に今回のアルバムを作りながら録音室で過ごしていたとおり、何ヶ月をアルバムだけ考えて送ったのでサッカーもあまりできませんでしたね。

Q常に関心と愛情を見せるファンたちにひとことお願いします。

Aいつも私を愛して下さって大切にして下さり、私の音楽と舞台に応援を送って下さるファンのみなさん、韓国だけでなく地球の反対側でも常に私の音楽を待って下さり本当に有難いファンの方々に今回のアルバムが気持ち良い贈り物になったら幸いです。 素敵な活動で恩返しします!

"Incredible,Magical Boy!"少年(Boy)という単語は単に英語辞典の中13-19才に該当する男の青少年に該当することだけではない。 今日私たちはXIA (ジュンス)の熱情的な舞台を通じて十分に彼の少年らしいということを味わってしまった。 Aクラスは永遠だ。 多様なジャンルの音楽は全く私たちを失望させなかった。

そしてショーケースの時にも少し出た話だが"聞いて下さる方々がいつも自分の音楽を聞いて楽しさを感じたら良いだろう"とした彼の話のように'この歌笑わせるだろう'という収録曲は世知辛くて浅はかな現実を生きていく現代人に少し休んでいくことができる(座る)ベンチとともに休息と笑いを十分に提供している。 小さな思いやりも含んでいる。 まさに自身の音楽を聞いてもらう人々の感性までコントロールする音楽の錬金術師、XIA (ジュンス)! 彼こそこの時代の真のアーティストだ。

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri

*私どもで韓国語の曲の歌詞訳をさせていただく際は、翻訳担当者がタイトルも訳させていただいています。
その場合、販売店舗やニュースサイトとのタイトルとは異なる場合もあります。
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。