HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  韓国行政府は、SM支援の前に是正要求を!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国行政府は、SM支援の前に是正要求を!

SM パリ公演は韓流快挙? <ルモンド>ではないね
"韓国行政府, 躍動的国家イメージ売ろうと大大的支援" 隠喩的批判



週末、フランスのパリで開かれたSMタウンライブワールドツアーインパリ(SMTOWN LIVE WORLD TOUR in PARIS)。 ほとんどの国内メディアは、韓流の快挙ないしは韓国文化のヨーロッパの征服というような記事を吐き出した。 実際に放送3社の場合シャルルドゴール空港に追い込まれたの歓迎人波画面中心の記事を報道した。


9日と10日の両日、フランスパリの『ルゼニットドパリ』(Le Zenith de Paris)で開かれた公演には1万4000人の現地の人が集まって盛況を成したものとみられる。 今回の公演は、MBC創社特集特別企画'SMタウンライブワールドツアーインパリ』というタイトルで7月2日放送される予定だ。


<ルモンド> "韓国政府、躍動的な国のイメージを売りに大々的支援"


現地の反応はどうだろうか? フランスの二大日刊紙である<ルモンド>と<フィガロ>は、このニュースを6月11日付で大きく報道した。 フィガロの場合、1面に、ルモンドの場合は、文化面を通じてだ。


希望一辺倒と『パリの征服'式の刺激的な見出しで、このニュースを報道する私たちのメディアとは異なり、現地のマスコミの論調は、渋いことができなくて比喩的に批判した格好だ。 もちろん、表面上は韓国のアイドル文化をありのまま報道したが、その中には批判的な内容を示している。

"音楽を輸出可能な製品で作成された製作社の計画どおりに作られた少年と少女たちが積極的でダイナミックな国のイメージを売ろうとする韓国政府の大々的な支援を受けて進出したものと見られる。" - <ルモンド>


しかし、その裏には、 ▲SMの文化商品化▲きれいに包装された少年/少女の商品を国のイメージ化して販売している韓国政府▲このような場合を見られずに追い込まれたヨーロッパの若者たちに対する批判の視野が入っている。 実際、ヨーロッパの文化は、国家中心の文化'ではなく'個人中心の文化』だ。

フランスナントの大学院に在学中のユナ某(32)氏は、"文化的な現象との思潮を中心に報道するフランスのマスコミの文化は、報道の形を考えると文化』の商品』を中心に記事を出したのは、文化的な批判にも見ることがそうだ"と"過熱された国内のマスコミ報道とは異なり、ここの雰囲気は静かだ"と伝えた。


実際に<ルモンド>記事へのコメントは、"企画文化商品は、結局、社会の創造性を殺すこと"という批判的なコメントも目立った。

http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001580891&CMPT_CD=T0001

翻訳機使用



以前から、SMはタレントを商品であり輸出のツールであるとはっきりと言っていましたが、
私達、JYJファンはきれいに包装された少年少女商品には興味はないですね。
それは、フランスの人々にも同じではないでしょうか?


これに対してハンギョレ新聞のキムドヒョンさんがツイッターでこう言っています。

SMタウンのフランス韓流熱風は祝賀することではあるが、奴隷契約の血汗の隠れた事実がまったく取り上げられないなんて、後味が苦い。
JYJの放送活動すら、ろくに出来ない状態だ。
政府はこのような大手企画会社に是正を要求するどころか国家事業として大々的に支援するなんて。



最近5年間で、公取委が芸能エンターテイメント分野での是正命令を下したの件は、たった二件。
二件とも国内屈指の所属事務所SMエンターテイメントと関連されている


関連記事はこちら
スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。