HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  英BBC “ケー・ポップ(K-Pop)成功の後には‘奴隷契約’影”(和訳)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英BBC “ケー・ポップ(K-Pop)成功の後には‘奴隷契約’影”(和訳)

2011-06-15 17:21

アジアを越えて、ヨーロッパやアメリカまでの地位を拡大しつつあるケー・ポップ(K - Pop、韓国の大衆音楽)のブームについて、その華麗な裏面には、若い歌手たちに対する処遇論議という『影』が存在するとイギリスのBBC放送が14日、紹介した。

K-Popは、海外売上高は、去る2009年基準で325億ウォンで、昨年には2倍に増加したものと予想されるほど急速な成長を見せている。

韓国のアーティストらの海外市場への進出が続いており、今月には、企画会社SMエンターテイメントが世界ツアーの一環として、初のヨーロッパコンサートを開催した。

BBCは、しかし、このようなK-Popの成功神話は、いわゆる『奴隷契約』と呼ばれる長期の不平等専属契約のもとで編み出したものだと指摘しながら、2年前5人組男性グループ東方神起の前メンバーと所属事務所との間の法廷訴訟を代表的な事例として挙げた。

当時、東方神起の元メンバーたちは契約期間(13年)があまりにも長く、制約が多く、収益金の分配もほとんど受けていないとし、所属事務所を訴えた。

裁判所は最終的に、これらの手を挙げてくれたし、この事件をきっかけに、公正取引委員会は、芸能人に一方的に不利に形成された契約慣行を改善するために、標準的な契約書を用意したりした。

またガールズグループ『レインボー』は、2年間、毎日長時間仕事をしてからも報酬が少なすぎて、親たちが心の苦労をしたと打ち明けたこともあった。 これに対し、所属事務所のDSPは、メンバーたちに収益金を配分したが、費用を回収した後、残りの金額が少ないのは事実だと認めた。

実際にアイドルグループを育成するための多くは10億ウォン以上がかかることが知られている。

所属事務所とアーティストたちは、低価格の国内音楽市場での元手を抜かないことができない代わりに、海外市場への進出を使って投資資金の回収に乗り出すのだ。

しかし、海外での活動が収益を創り出ことということにより、低価格攻勢を繰り広げる間違ったビジネスモデルが海外市場にまで影響を及ぼしているとアーティスト労組側は説明した。

韓国では、K-Pop輸出で国家イメージの向上と経済効果を創り出し期待心理が高まっているが誤った慣行が続けば、K-Popが音楽的成功を謳歌するよりは問題点だけ浮き上がるかもしれないとBBCは指摘した。

国民日報クッキーニュースチーム

記事転載  自動翻訳

http://bit.ly/mm9svL


★英国BBC放送、これを記事にした国民日報。
これこそが真の「報道」の姿ではないでしょうか。

日本では、avexやSMと色々なしがらみ等があり、報道できない、書けない、それもあると思います。
でも、それは韓国においても同じではないでしょうか。

特にチャリティイベント前後の、どこかからの依頼で書いたかのような記事は目に余り、それが世界へネットを通じ回るのかと思うと日本人として恥ずかしいです。
中でも全国紙の新聞社が母体の週刊誌がそれで良いのでしょうか?

これはチャリティイベントに関して報じた韓国の記事ですが↓

【JYJは、公演の制作や運営費を差し引いた収益金を日本政府に寄付して地震の被害復旧の資金として使われるようにする予定だ。】

http://jyjroom.blog39.fc2.com/blog-entry-84.html

これについて報道したマスコミが日本にあったでしょうか?
JYJにとってこれは当然のことであり、この事を強調もしていません。今後もしないでしょう。

日本という国は、受け取るものは受け取り、この件についてはスル―するのでしょうか。
それでも、JYJは日本という国と日本のファンを愛し続けてくれています。
これからも、ずっと日本を支援し続けてくれるでしょう。

スポンサーサイト
Comment
いつも情報をありがとうございます。
ずっと拝読しています。
今回の英BBCのニュース、本当に報道の在り方を考えさせてくれますね。
なんか日本のマスコミ関係の志が低くて悲しくなりました。
どなたか気骨のある方はおられないのでしょうか。
それでみんなを煽ることは必要ありません。
ただ本当のことを知らせて、各自が考えを持てるようにするべきですよね。
その結果、流れというものが出てくるんだと思いますが、
昨今の日本のニュースはおかしな事情で情報をせき止め過ぎ。
ますます無知な人を増幅しそうで怖いです。
情報は平等に与えられるべきだと思いました。

今回の英BBCの記事を多くの人の目に写したいです。
そして何が狂っているのか、どうしていけばよいのか、
多くの方の考える機会になってほしいです。
Re: タイトルなし
D.Dさん、コメントありがとうございます。

仰る通りですね。
私どもも、日本のマスコミにJYJ寄りの記事を書け、JYJの味方をしろと言っているのではありません。
事実関係をきちんと調べ、公平な記事を書いていただきたいだけです。
それを読み、また各々が考えれば良いことですね。
今の日本のJYJに関する殆どの記事は「報道」ではなく単なる「情報操作」に感じます。
また簡単にジャーナリスト(自称)と名乗る人が多すぎます。
ジャーナリズムの基本は「公平」だと思います。
プライドを持ってペンを走らせていただきたいです。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。