HOME   »  南米公演
Category | 南米公演

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ 、過去1年間残したものは?

Billboard Korea

20120312.jpg



数字で見る「2011-2012 JYJ ワールドツアー」の記録
13都市で20万人の動員


東方神起出身のジェジュン、ユチョン、ジュンスの三人がJYJとして飛翔してから3年が経つ。ジュンスは「今は落ち着いてお話しできるが3年間大変努力してきた。当時の記憶がパノラマのようにかすめて行く」と険しい旅程であったことを告白した。「前だけを見て走ってきた」というJYJはいつのまにか韓国とは昼と夜が正反対のチリにまで足をのばしている。
9日(現地時間)開催されたチリ公演は現地で初めて開催されたK-pop歌手の単独公演であり、「2011-2012 JYJ ワールドツアー」だ。昨年4月2日、タイのバンコクを皮切りに行ったツアーが来る11日ペルーリマを最後に大詰めの幕を下ろす。1年あまりかかった旅程。JYJは今地球の反対側に立っている。ペルーでの公演を控えて「2011-2012 JYJ ワールドツアー」の記録を数字でまとめる。

#4- K-pop歌手のワールドツアー、歴史を書きおろした。
 JYJ は、スペイン・バルセロナ(昨年10月29日)から、ドイツ・ベルリン(2011年11月6日)、チリ・サンチアゴ(2012年3月9日)、ペルーリマ(2012年3月11日予定)まで、計4都市で、K-pop公演を初めて行った韓国歌手になった。


#18-JYJ は、アジア、北米、米州、ヨーロッパなど13都市(チリ・サンティアゴ、ペルー・リマは除外)で、現地のファンに会い、平均18曲以上を歌った。南米の最初砲門を開いたチリの公演では、リミックスバージョンを含め14曲を熱唱した。


# 20-JYJ マネージメント社のシジェスエンターテイメントは、「2011-2012 JYJ ワールドツアー」が13都市で20万人の観客を動員したと正式に発表した。米国最大のプロモーターの AEG と共に行った北米4都市ツアーは、アジアのアーティストの中で最も大きな規模の単独公演だという。


# 9000-南米で初めて開催されたチリとペルーの公演もチケット完売 (9000 枚)を記録した。チリでは、3,000 席規模のTeatro caupolican公演会場を埋めた。Explanada Sur del Estadio Monumental競技場で開催されるペルー公演は6000枚のチケットが完売された。特にペルー公演は、1次5000席が完売され、至急1000席を追加したが即完売した。連続の完売をおいてペルーの有力日刊紙El comercioは、ジャスティンビーバーとマイリーサイラスでない韓国の歌手JYJが チケット販売の新記録を達成した」と報じた。
今回の公演を主催した南米プロモーターは
米国の有名なポップアーティストもチケットオープンと同時に完売はできない。JYJ の人気は驚異的なレベルと説明した。


# 230,000-ペルーリマ公演のスーパー VIP 席が23万ウォンだ。シジェスエンターの関係者は「1階の突出した舞台の位置にある座席だ。スタンド席より前の方に用意されていて公演を近くで観ることができる」と説明した。
これは、最近同じ場所で公演を行った日本人バンドのX JAPANと米国のポップスター、ブリトニースピアーズのチケットの価格とほぼ同じレベルであり、JYJ の地元での人気を証明している。ペルーでは、海外公演税金が40%であり、チケットの価格は高い方だ。チリ公演の VIP 席は70.000 ペソ (約16万ウォン) で策定された。

http://www.billboard.co.kr/v1/news_view.html?i=25592&t=10#.T1ytrSwlK40.twitter

訳:Japan Fa Cafe JYJ Their Rooms Staff mai


JYJチリ公演、狂乱の現場..彼らは'赤い悪魔'であった

PP12031000026.jpg
▲ JYJが去る10日チリ、サンティアゴ テアトロ コンポリカン(TEATRO CAUPOLICAN)で韓国歌手初の単独コンサートを開催した。

[サンティアゴ(チリ)=イーデイリースターinチョ・ウヨン記者]

情熱の国チリに'赤い悪魔'が現れた。 大韓民国サッカー国家代表チームの応援団ではない。 グループJYJ(ジェジュン・ユチョン・ジュンス)を叫ぶ熱狂的なチリ現地ファンたちの姿だ。
(記事内にもあるように、韓国のサッカー応援団を赤い悪魔というそうです。悪い意味ではありません。)

JYJは10日(韓国時間)チリ、サンティアゴ テアトロ コンポリカン(TEATRO CAUPOLICAN)で韓国歌手初の単独コンサートを開催した。 この公演会場は世界的なポップスタープリトニースピアーズ、ブラック アイド ピース、ロックグループ コーン、エックスジャパンなどが公演したところだ。

正札制で運用される公演会場の特性上、チケット価格も平均10万ウォンに達した。 チリ労働者の最低賃金が50万水準程度であることを考慮すれば、最高級スターだけが受けることができる高い価格だ。 規模は3000席で小さいけれど立てられてから120年になったチリの由緒深い専門公演会場だ。

PP12031000020.jpg
▲ JYJ(写真提供=シジェスエンターテイメント)

この公演会場に一杯になった客席より多い4000人余りのファンたちはこの日'JYJ'の文字が描かれた赤い色の上着を着たまま公演会場周りを取り囲んだ。 その中の500人ほどは良い席を占めるために公演のある一日前から野宿を実行したファンたちだ。

彼らは現場に取材のため到着した韓国記者団にさえ熱い歓呼を送った。 90度に頭を下げるかと思えば韓国語で'こんにちは'と挨拶をしてうれしがった。 共に写真を取ることを願うファンたちの熱気に記者団は芸能人に劣らない歓待を享受して当惑するほどであった。

PP12031000022.jpg
▲ JYJ(写真提供=シジェスエンターテイメント)

だが、主人公はやはりJYJ. 公演が始まる1時間30分前、場内で入場したファンたちはチリ国家を合唱して興味をかきたてた。 メンバーらの名前を一名ずつ呼んだり、'JYJ'を休む暇もなく叫んだ。 公演会場の中の電気が消える瞬間それこそ雷のような歓声がいっぱいだった。 足で調子を合わせて太鼓の音を出したり、波乗りをするなど、あたかもサッカー場応援を連想させる独特の情熱が印象的な場面も続いた。

オープニング映像に登場したメンバーらの写真に耳が裂けるような叫び声が爆発した。 JYJメンバーらの登場に狂乱のルツボになった。 初めての曲'エムプティ'(EMPTY)'から'ピエロ'(PIERROT), ′エイガール'(AYY GIRL),'ビーマイガール'(BE MY GIRL)まで加熱されるように走ったJYJに、ファンたちは両腕を上げて体を揺さぶった。 規模は小さいけれどその雰囲気は南米のサッカー場がクラブに変わったようだ。

PP12031000024.jpg
▲ JYJ(写真提供=シジェスエンターテイメント)

メンバーらのソロ舞台にもファンたちは共に呼応した。 特に南米プロモーターの強力な要請で今回のワールドツアーで初めて顔見せしたジュンスの'イントクシケイション'(INTOXICATION)にファンたちは身をすくみあがらせた。 ジュンスの男性的ながらもセクシーな踊りが人気だというのが現地関係者の説明だ。

チリ ファンが80%、その他ボリビア、ウルグアイなど近隣国家から来たファンが20%を占めた中で、かれらは一部韓国語の歌詞もいわゆる'テチャン'(合唱)をしながらまねた。 ファンたちはJYJに"ミイッヒトリコ'(Mi hijito Rico・私の愛)を連呼した。 私たちの美しい子供ぐらいに通じるこの言葉で'リコ'という表現はチリ人の激しい愛情表現の中の一つだ。

'カロルリナ'(南米界ラテンダンス),'ラコルリタ'(La Colita・お尻を揺さぶって下さい)というファンたちの要請にJYJは可愛い愛嬌踊りでうなずく返事をしたし、この時、3人のファンが失神する事態も起こった。 安全要員らによって運ばれた彼らは、幸い安静を取ったので、病院行を免れた。

最後の曲'インヘブン'(In Heaven)と新しく編曲された'ゲット アウト'と'エンプティ'のリミックス バージョン アンコール曲まで大遠征を終えたJYJは"共にすることができてあまりにも幸せだった。 楽しい思い出作っていく"として"次もチリでまた尋ねることができるように願う"と別れのあいさつを送った。

PP12031000025.jpg
▲ JYJ(写真提供=シジェスエンタテイメント)

公演が終わった後にもしばらくわーわー涙を流していたカミルリアロドリゲス(19・Camelia Rodriguez)さんは"JYJの公演を目の前で見て涙が出る"として"JYJがチリにきてくれることは想像もできなかったが、とても感動的"と感激するといった。

カーラ カリジョ(21・Karla Carrizo)さんは"JYJの歌は聞くばかりでも良いが彼らのパフォーマンスが共にあればより一層幻想的だ。 それで私たちは彼らの歌を聞いてまねて踊る"として"実際に見たJYJの公演は本当に完ぺきだった。 前により好きになるようだ"と話した。

大部分が10代ファンの中で娘と共に公演会場を訪れた中年ファン アンナ・マリア(54)さんは"JYJを知ってからは韓国に対しても関心が多くなった。 彼らがどんな国で生まれて育ったか、彼らの文化はどんなか、環境はどうかとても気になる。 JYJではなかったら、韓国に対して何も知らずに生きたかも分らない。 韓国語と韓国の文化が本当に良い"と親指を立てて誉めた。

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  yuri
http://starin.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=01085686599462336&SCD=EA21&DCD=A10202

JYJ、南米ツアーの成功...真の "ワールドツアー" の時代を開いた

2012-03-1119:22
[日刊スポーツ オム・ドンジン]

htm_20120311191953c010c011.jpg

JYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)が、地球の反対側の遠い国、チリを韓流に染めた。

JYJは10日午前9時(韓国時間)、チリのサンティアゴ、テアトロ・コンポリカンで3000人余りのファンが集まるなか、韓国歌手初の南米の単独コンサートを開いた。少女ファンたちはハングルが書かれた赤いTシャツ姿で韓国の取材陣に "アンニョンハセヨ(こんにちは)" という挨拶をした。"タシシジャ(再び始める)" "ハンケ カミョン ギリ デェンダ(一緒に行けば道はできる)" などが書かれたプラカードを持って、メンバーの名前が書かれたペンライトを振った。地球の反対側の会場だが、違うのは肌の色だけだった。JYJはチリとペルーの公演を最後に昨年から始まった15ヶ国ワールドツアーの大工程を終えた。

▶コンサート開催は韓国以上

JYJがチリに追い立てた韓流は強烈だった。ファンは公演会場の前席を確保するために一週間前から野宿を敢行した。会場を取り囲んだ人波の行列は終りが見えなかった。野宿をしたマゴリ・ペレス(25)は "毎朝来て夜遅くまで席を守りました。待っている時間が大変だと思ったことはありません。むしろJYJと近づくような感じがとても良くて興奮しました" と話した。エリソン・サラス(24)は "いつかJYJと韓国の人々と挨拶する日が来ると思って韓国語を学びました。上手ではないですがJYJの歌をより理解できるようになりました" と顔を赤らめた。

公演開始の3時間前から熱気は熱かった。並んだファンとまだ​​チケットを購入できず、なす術がないファンで会場近くは人だかりを成した。情熱の国らしくJYJを応援するスローガンも続いた。喉が裂けるまで "ミ・ヒジト・リコー(Mi hijito Rico)" と叫んだ。 "愛しい私の男"という意味で、"リコー"は激しい愛情を表現するとき使う単語だ。入場を始めたファンは "ロス・エスタモス・エスペランド(私たちが待っている)" を連呼し始めた。 20分、10分を声を張り上げてカウントダウンした。公演開始も前に既に失神した女性ファンも目についた。

▶JYJまたいつ会うか、涙の海

公演が始まりJYJワールドツアーを紹介する映像が出ると場内は離れるようだった。2002年の韓日ワールドカップで最高潮に達した応援団を見るようだった。足を鳴らし手をたたいてJYJを連呼した。JYJは2010年に発売した初の英語アルバム "The Beginning" 収録曲の "Empty" でステージを明けた。ファンと一緒に赤い色の服を着て登場し、パワー・パフォーマンスで雰囲気を圧倒した。キム・ジェジュンが作詞・作曲した "Pierrot" に続き、再編曲した"Ayyy Girl" などのレパートリーが続いた。激情的なダンスと甘いR&Bにファンは我を忘れた。この日の公演の白眉はメンバーたちのソロ公演。パク・ユチョンは自分が作曲した歌 "I LOVE YOU" を甘い歌声で披露した。キム・ジェジュンは自分が出演したドラマSBS "ボスを守れ" の主題歌 "守ってあげる" を熱唱した。頭を黄色く染めたキム・ジュンスは "Intoxication" を歌った。

ヒット曲 ​​"チャジャッタ" を歌うと雰囲気は最高潮に達した。続けて "Be The One" "落葉" などの曲が続いた。JYJは "この遠い国のファンたちが、私たちを知って好むことが不思議なばかりです。今後のワールドツアーではチリは欠かせないでしょう" と所感を伝えた。最後の曲 "In Heaven" を歌ったJYJは、アンコールを叫ぶファンの叫びに再び舞台に上がった。約2時間にわたる南米初の単独コンサートの後、ファンの目もとには、感動と名残惜しさの涙が溜まった。

▶南米は "K-POP病" 中

JYJのアルバムはチリで正式発売されなかった。しかしYouTubeのオンラインコミュニティに乗って彼らの人気は急上昇中だった。公演前に会ったチリのファンは "チリではJYJファンの数が近年急速に増加して、数万人にのぼります" とし "海外のサイトでアルバムを共同購入し、オンラインビデオを見ることができ、JYJと共にするのに困難はありません" と伝えた。この日の公演にはチリのほか南米各国からファンが訪れた。会場のあちこちには、メキシコ、ペルー、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイの国旗がかかっていた。

JYJを見るためにボリビアから来たモニカ・サンチェス・オルモード(21)は "JYJの音楽を聴いて彼らの公演映像を見ながら希望を得ます。暇な時間、彼らの踊りをまねることが趣味です。インターネットだけで見た彼らの公演を実際に見ることになって夢のようです" と述べた。スペインから来ロザリオ・ベズケズ(18)は "JYJの公演をバルセロナで初めて見ました。チリの物価が高くて、数ヶ月間節約して過ごしましたが、結局16時間飛行機に乗ってここに来ました" と伝えた。JYJは2011-2012のワールドツアーで、アジア、米国、欧州を越えて、南米でも単独コンサートを開いた。彼らの言葉のように "真のワールドツアー時代" を開拓した。

サンティアゴ(チリ)= オム・ドンジン記者 kjseven7@joongang.co.kr

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  sora
http://news.nate.com/view/20120311n12794

JYJ、チリの有力日刊紙も注目 "JYJに熱狂した"

OSEN
記事配信2012-03-10 08:21

201203100332770057_1.jpg

[OSEN = サンティアゴ(チリ)、イ・ヘリン記者]


チリの主要日刊紙もK-POP現象に注目し始めた。

JYJが9日(現地時間)夜9時の単独コンサートを開催するために8日の午前4時30分 コモドロ・アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に到着すると、チリの主要日刊紙の一つ、ラス・ウルチマス・ノーティシアス(Las Ultimas Noticias)はこの事を大きく報道して関心を示した。

ラス・ウルチマス・ノーティシアスはチリで最高部数、大衆的な指向の有力日刊紙として数えられているが、この媒体は新聞一面を割いてJYJ入国関連の記事を載せたのだ。

この新聞は9日、 "韓国のグループJYJに熱狂した" という見出しで、 "世界の頂点に仲間入りしたJYJが40時間かけてチリに到着した。早朝にもかかわらずファンが殺到し、警察が出動した" という内容を報道した。

この新聞はまた、ファンがJYJの一挙手一投足をFacebookなどで共有することに注目して、ファンがあまりにも熱情的なのでJYJが車に乗って移動する時間が遅れたと伝えた。それと共にこの新聞は、チリの人々がアジアの歌手にこのように熱狂することに大きな驚きを表した。

南米で一部K-POPの熱狂的なファンが存在することはすでに周知の事実だが、既にK-POP歌手の認知度が一般的な有力紙にまで影響を及ぼしていると見られる。

先立ってJYJの現地記者会見に姿を現わしたメディア関​​係者も "もうファンだけでなく、たくさんの人々が初めて韓国音楽を聞き始めました。K-POPがファン層にとどまっていたいま、一般人が関心を持ち始めた段階だ" と評価した。

JYJは9日、サンティアゴ・テアトロ・コンポリカンで南米初の公演を開催する。

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  sora
http://news.nate.com/view/20120310n02669

JYJ,‘チリの星’? 現地言論の関心爆発

明日新聞 2012-03-09 15:08

thumb_nmiyt201203091055479342.jpg

グループJYJがチリCNN、現地ロイター通信、日刊紙ラオラなど主要言論機関らの集中会見を受けた。

現地言論機関は3月8日午後(現地時間)チリ首都サンティアゴ レースンプラザホテルで開かれた'JYJ南米ツアー2012'の記者会見で熱を帯びた質問攻勢を繰り広げて、地球の反対側の韓国から来た3人のアーティストに対する熱い関心を表明した。

特にラオラは'JYJ、ついにチリに入城する'という題名で"チケットが3月7日現在3000席余りの中で200余席だけ残したまま皆売れた"と報道して"海外アーティスト単独公演では相当な成果"と評価した。

ラオラはまた、"これはK-POPの成功的な現地上陸を意味する。 JYJの南米初めてのツアーの成功で、チリの韓国旋風も次第に強まるだろう"と予想した。

タブロイド記事には"彼ら3人が現地料理人を雇用、現地の食べ物を楽しむようだ"というゴシップ的な内容まで報道されていて、JYJに対する現地の高い関心を推察させた。

一方JYJの二番目の公演は来る3月11日午後ペルー(6000席)に続く予定だ。
サンティアゴ(チリ)=ファン・ヨンヒ記者]

Copyright (c)The Naeil News. All rights reserved.

訳 Japan FanCafe JYJ TheirRooms  yuri
http://news.nate.com/view/20120309n16134
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

FanCafe JYJ Their Rooms

Author:FanCafe JYJ Their Rooms
このブログ内の記事はJYJファンブログへの持ち帰りは自由です。
記事元URL,翻訳者名などまでを表記してください。
SM所属芸能人を応援するブログ等への持ち出しはご遠慮ください。

フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。